FC2ブログ

うみねこのなく頃に 考察 境界より視やる

PCゲーム「うみねこのなく頃に」の個人的な考察ブログ。「キコニアのなく頃に」についてもガッツリやっている。


後期クイーン問題を考える

 後期クイーン問題とは、全ての証拠が揃ったとしても、その後に新しい証拠Xが出てくることを否定できないというもの。
 典型例では、ライバル探偵が現状の全ての証拠から真実を導き出したが、その後にそれを否定する新証拠Xを主人公探偵が見つけて、改めてXを加えた全ての証拠から本当の真実を導き出した、とかがある。

 要するに、全ての証拠が揃っていることを保証されない限り、正しく推理することはできない。
 そして、完全な保証ができない以上、推理は不可能である。
 ということ。


 とりあえずそれに対して私が言いたいのは、推理は正しくなくても良いんだよ、ってところか。
 読者にとっては、推理は楽しむもの。それ以上でも、それ以下でもない。
 その推理で断罪するとかなら責任を持たなくてはならず、限りなく絶対的な正しさが必要となる。
 だが推理するだけなら間違っていても良いんだよ。

 つまりだ、証拠が全て揃ってなかろうとも、どんどん推理してしまってかまわない。
 現状の情報から推理できることを推理し、新情報が増えたらそれを加えて推理を変えていけばいいのだ。

 無論、その時、新情報をそのまま鵜呑みにしてはならない。
 新証拠Xで証拠Aが虚偽だと示されても、新証拠Xの方が虚偽である可能性は捨てきれないからだ。
 後になって、新証拠Xを否定する新新証拠Yが出てくるかもしれない。

 そこでどちらが虚偽であるのかを選択するわけだが、これが推理のゲーム性といったところか。
 うみねこでは、あえて選択せず、面の推理として保持可能であり、それを推奨もされている。


 さらにうみねこでは対戦者が存在し、新情報はその対戦者が与えてくれるものであること、というのがポイント。
 つまり、新情報を与えた対戦者の意図を探ることがネックとなっているのだ。

 対戦者はその意図に沿って駒を動かしている。
 だから、その意図を探り、それを知り、それを信じればいい。

 嘘か本当かという視点以外にも、癖や好みなども関係してくるかもしれない。
 例えば、対戦者はミステリーが好きだからトリックは面白いかどうかで選んでいる、とか。

 だからこれはゲーム盤を挟んだ会話なのだ。
 コミュニケーションを深め、相手の人となりを知る。
 さすれば答えは明白。


 いつもの結論に到達してしまった。
 話を戻そう。


 推理なんてものは不完全で良い。
 不完全だからこそ、まだ推理する余地は残されているわけだし。

 完全を目指すのは良い。
 それは当たり前であるし、推理する姿勢としてそうでなければならない。
 だが完全になることなど永遠にない。
 だから完全を得ようとするのは烏滸がましいことなのだろう。

 まぁ、完全だと思ったら思考停止するのだし、思考を楽しむのであれば不完全である思っている方が得だろう。
 そうすれば真相に至っていようと、さらにその真相の先へと思考を至らせることもできるだろうから。

 そう、思考を続ける限り、思考ゲームは終わらない。
 思考は私たちを未知へと連れて行ってくれる。
 もしかしたら、見果てぬ先までも。

 未知を知る愉悦に乾杯。


スポンサーサイト



  1. 2019/05/18(土) 20:34:38|
  2. うみねこ咲へ向けて
  3. | trackback 0
  4. | comment 0
<<EP2の序盤を再読 | BLOG TOP | 嘘と愛とミステリー>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

フラット・ホームズ

Author:フラット・ホームズ
「うみねこのなく頃に」の某公式サイトで推理を投稿していた。
その時使っていた名前は察してください。
スタイルは、アンチミステリーをチェス盤で引っ繰り返す、というもの。
キコニアでは、世界を箱庭に見立て、そこにどんな駒を置いたのか、それらを動かして最終的にどういう形に持って行くのか、的な感じのを主にやっている。

現在時刻

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

咲 (3)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Designed by U-BOX