FC2ブログ

うみねこのなく頃に 考察 境界より視やる

PCゲーム「うみねこのなく頃に」の個人的な考察ブログ。「キコニアのなく頃に」についてもガッツリやっている。


無限の運命における絶対と奇跡

 ルーレットはベアトの望みによって作られた以上、ルーレットに刻まれた結果は全てベアトが望んだもの。
 碑文が解かれ生存者を出そうとも、それは想定されたことで、つまりは望んだこと。
 そしてそれは、それ以外の人間を想定どおりに殺すことが、ベアトの望みであるということ。
 ルーレットを回しても、犯人を特定して犯行を止めることができずに惨劇が完遂するという結果しかでないと信じているということ。

 そこからベアトの負けとは、碑文の謎を解いて隠し通路を見つけるというものではなく、碑文に見立てた事件の謎を解かれることだと考える。


 ベアトは絶対の意志でルーレットに従う。
 ベアトの作ったルーレットには、碑文の事件の謎が解かれるという結果は刻まれていない。
 ルーレットはベアトが想定した全ての結果を刻んだもの。

 である以上、謎が解かれずに時間切れで終わるのは絶対である。
 それが悪魔のルーレットが生み出す絶対の運命。

 逆を言えば、ルーレットに刻まれていない、謎が解かれるという結果は、ベアトの想定していた運命の中にはない「奇跡」であると言える。


 ベアトの最高の望みは、謎が解かれることである。
 なのに、絶対の意志でなしていたのはその反対。
 これは矛盾だ。

 だが、人間の感情は矛盾に満ち、相反する願いを抱くこともままある。
 異なる望みがあるならば、異なる自分を作ればいい。
 謎が解かれれば望みは叶い、解かれなければ未練を断ち切れる。
 どちらも望むところなのだろう。

 それは天国と地獄に分かれるということ。
 そして、それらに分かたれることがないことが煉獄の苦しみだということなのだろう。

 つまり、どっちつかずの苦しみを終わらせるための惨劇だったのだ。




 話を戻そう。

 謎が解かれることが「奇跡」で、謎が解かれないことが「絶対」。
 たったひとつの「奇跡」のために、「絶対」の意志で「無限」に繰り返す。

 これに似たものに金蔵のタロット占いがある。

『自分の望む結果が完全に出るまで、延々とタロットを繰り返すその手間と信念、心の気持ちが祈祷に通じ、それが天に届いた時、結果となって昇華されるという、金蔵の独自の魔法解釈だ。』

 つまり、「奇跡」を出すためには、「絶対」の意志で「無限」に繰り返すことこそが肝要。
 それを「信念」とした魔法なのだ。


 信じることが魔法なら、信じる力が魔力であると言えるだろう。
 ルーレットによって魂を分かたれたベアトは、それぞれが惨劇を完遂して、自身の絶対の意志の証とする。
 そして、ベアトAの絶対の意志を、ベアトBの絶対の意志を……と、絶対の意志を無限に積み重ねたら、無限の魔力を得られる。
 そういう理屈なのだろう、この魔法理論は。




 ファンタジーな動機で、ミステリーな事件を起こし、アンチミステリーな物語に仕上げるとか。
 マジかんべん。


スポンサーサイト



  1. 2013/12/29(日) 03:21:41|
  2. 無限の魔法
  3. | trackback 0
  4. | comment 0
<<ベアトリーチェ殺人事件 | BLOG TOP | 無限の真実>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

フラット・ホームズ

Author:フラット・ホームズ
「うみねこのなく頃に」の某公式サイトで推理を投稿していた。
その時使っていた名前は察してください。
スタイルは、アンチミステリーをチェス盤で引っ繰り返す、というもの。
キコニアでは、世界を箱庭に見立て、そこにどんな駒を置いたのか、それらを動かして最終的にどういう形に持って行くのか、的な感じのを主にやっている。

現在時刻

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

咲 (3)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Designed by U-BOX