FC2ブログ

うみねこのなく頃に 考察 境界より視やる

PCゲーム「うみねこのなく頃に」の個人的な考察ブログ。「キコニアのなく頃に」についてもガッツリやっている。


メッセージボトル及び偽書

 EP1の最後にメッセージボトルが流れ着いたという記述がある。
 それはEP1の内容がメッセージボトルに記されていたことを示唆するものだ。
 ではEP1のどれほどの部分がメッセージボトルに記されていたのだろうか?

 常識的に考えれば、流れ着いたメッセージボトルを拾った、という記述はそれが起きた後でなければ記すことができない。

 だが常識的というだけで決め付けるのは早い。
 全ての記述は、メッセージボトル及び偽書に描かれていると解釈している私から見れば、容易に引っ繰り返せる。

 流れ着いたメッセージボトルに、メッセージボトルが流れ着いたという記述
することは可能だ。
 なぜなら記されている事件自体が、事件が起こる前に記述されたものだからだ。

 “漁師がメッセージボトルを拾った”と記述した後に、漁師にメッセージボトルを拾わせれば辻褄合わせは完了。
 結果が出てから記述をしたのではなく、記述をしてからそれに合わせて結果に導いた。
 結果に至る過程を具体的に思い描きそれを実現するというのが、TIPS「」で示されたベアトの無限の魔法の基本。 


 さて、これで“全部記述解釈”、EP1クリア。



 次はEP4をやろう。


『2つのワインボトルの中には、ノート片が何枚もぎっしり詰められていた。
 それは、右代宮真里亞を名乗る本人以外の何者かによる、事故前日から当日を日記風に記した膨大な手記だった。』

 この記述が正しければ、戦人視点ややメタ世界はメッセージボトルに記されてなさそうである。
 では記述が正しいかというと、そう決まっているわけではない。

 EP4における縁寿がいる未来の記述には幻想描写が混ざっている。
 煉獄の七姉妹に関する描写だ。
 よって、未来の記述は観測者による私見を交えても良いゲーム盤、カケラ世界であると解る。
 メッセージボトルは、正にその幻想描写が許された階層に存在するのだ。

 魔女は真実を魔法説によって解釈し、その私見を記述する。
 その記述を基に魔法があると主張し、ファンタジーだと認めさせようとする。
 未来についての記述だから全て真実とすると、ファンタジーになってしまう。
 なので人間側は、人間に可能なものであると解釈し直す必要がある。

 幻想描写が施された階層の描写は、人間の創造主によって記述された内容である。
 人間の手によってファンタジーを記述することが可能なので、全ては人間の仕業である。
 それが人間説の主張となる。


 これで、現実のメッセージボトルにメタ世界が描かれている可能性が生まれた。


 では仮に、現実のメッセージボトルにメタ世界が記述されているとしよう。
 その時、魔法説を唱える魔女はどうするだろうか?

 人間のいる世界が魔女のいる世界より上層であると認めることは、人間にとって魔女という存在は虚構であると認めることだ。
 故に魔女は、人間の世界が魔女の世界より上層にあることを否定し、人間の世界こそが魔女の世界の下層にあるとだと認めさせなければならない。
 そして、人間に可能であると説明されたら魔法説の負け。

 つまり、メッセージボトルにメタ世界が記述されていたら即座に魔法説の負け。
 上層から下層を観測することは可能、下層から上層を観測することは不可能。
 そして、魔女のいる世界は、人間のいる世界より上層にあるという“設定”になっている。
 “魔法世界”を維持するには“メッセージボトルにメタ世界が描かれてはならない”のだ。
 その“設定”に合わせてゲーム盤に幻想が施されたわけである。

 魔法説で説明される世界では、人間説の主張であるメタ世界が記されたメッセージボトルを許容できない。
 しかし、人間説で説明される世界では、現実とは異なるメタ世界が記されていないメッセージボトルについての記述を、魔法説の主張であるとして許容できる。
 私は真実が並び立つ猫箱的には、後者の方が都合が良いだろうと思う。



 続いてEP6の偽書。

 人間説は、全てを人間に可能なことで説明しなければならない。
 正確には、うみねこ世界の現実の人間に可能なことだが。
 よって、うみねこ世界の現実で、全ての記述が

 私たちが見ているゲーム「Dawn」の記述の全てが、うみねこの現実にある偽書「Dawn」にもそっくりそのまま記述されているのなら、うみねこの現実に存在する人間にとって、偽書「Dawn」の中に偽書「Dawn」が登場するという入れ子構造になっていることになる。

 さらに、偽書の内容と偽書の中の偽書の内容が全て同じである場合、色々と矛盾が発生する。
 が、どちらにせよ前と同じ手で返すことが可能だ。

 魔法説の主張、魔女は人間の世界の上にいるという“設定”のために、人間が魔女の駒となっている世界、ゲーム盤世界では上層にあるメタ世界を知覚し記述することができない“設定”になっている。


 まず、作中に偽書が登場した、縁寿と天草が八城と会っている場面。
 縁寿がありえない記憶を持っていたり、読んだ量に対して短すぎる経過時間などありえないことが起こっている。
 これを認めるとファンタジーになるので、幻想描写が許されたゲーム盤世界だと解る。
 ゲーム盤世界のメッセージボトルや偽書には、メタ世界や未来世界についてかかれていないのだろう。

 続いて、偽書を読んでる場面では縁寿と天草と八城の3人がいるのに、メタ世界では縁寿とフェザリーヌの2人しかいないこと。
 これは天草がメタ世界を知覚できないゲーム盤世界の人間であることを示している。
 逆に、メタ世界を知覚できる縁寿は、メタ世界の住人かその上層の現実の人間世界の住人であることになる。
 縁寿が「Dawn」を読んで“朗読”したという主張に沿って人間説で解釈すれば、現実の人間世界で縁寿が「Dawn」を読み自身の意見を八城に話している、となる。

 さて、縁寿が“朗読”、つまり私見を交えたのであれば、EP6の事件のゲーム盤は縁寿の推理が反映された描写になっていなければならない。
 が、メタ世界の縁寿は、ゲーム盤の幻想描写で主張されていることが理解できていなかった。
 よって、あのゲーム盤世界で私見を交えていた観測者は縁寿ではない。
 創造主である八城、あるいはフェザリーヌが創った偽書である。
 縁寿の私見は、未来のメタ世界で話していたものだけ。


 まとめてみよう。

 ゲーム盤世界は、縁寿と八城といる現実の世界を幻想修飾したもの。
 その中で登場した偽書には、EP6の事件のみで、メタ世界および未来世界についての記述はない。

 現実の世界で縁寿が読んだ偽書には、未来世界については記述さていない。
 八城は、縁寿との意見交換を加え、その様子を幻想修飾して、偽書を完成させた。

 うみねこの現実世界の読者が読めるのはその完成版。
 その完成版が、私たち本当の現実の読者が見た内容と完全一致する。




 おまけ。

 人間説と魔法説の争いは、簡単に言えば、“うみねこ世界”における“最上層争い”と言える。
 その争いの模様をEP順に辿ってみよう。


 EP1で、事件の内容がメッセージボトルに記されていることが描写された。
 EP2で幻想描写が登場。
 魔法殺人は“現実”に起こったことである、というのが魔法説の主張。
 それに対して、人間説は、幻想描写は人間の手で記述されたもの、メッセージボトルこそがその根拠である、と主張。
(EP1の事件以外の描写は、記事の冒頭でやったとおり、入れ子構造にすれば全て記述可能である)

 魔法説は、魔女のいるメタ世界が最上層にある“現実”であると主張しなければならない。
 そのためには、人間説が主張するメタ世界の上にある“人間の創造主がいる世界”を否定しなければならない。

 EP3の最後で未来にいる縁寿が登場。
 過去に書かれたメッセージボトルには、未来の縁寿を登場させることは不可能である、と人間説に対して反論。
 縁寿のいる未来世界もメタ世界の下層にあり、
 さらにEP4で未来世界ではメッセージボトルにメタ世界はと示唆することで、人間にはメタ世界は知覚できない

 そこで私の反論。

 未来世界では幻想描写が許されている。
 よって、その“未来世界”は“現実の未来世界”を基に魔女が生み出した“未来世界のゲーム盤”となる。
 その“未来世界のゲーム盤”に登場したメッセージボトルは、“現実のメッセージボトル”ではなく魔女がゲーム盤に置いた“駒のメッセージボトル”だ。
 魔女の駒が魔法説の主張のためにあるのは当然のことと言える。

 そして幻想描写を人間説で説明するのは簡単だ。
 以前と同じ論法を用いれば良い。
 未来世界を記述する人間の創造主がいれば、人間に可能なことなのだから。

 魔法説が魔女のいるメタ世界が最上層であると主張したら、そのさらに上に人間の世界を載せるだけの簡単なお仕事。


 さて、EP6では魔法説と創作説の最上層争いが勃発する。
 即ち、創造主は人間なのか魔女なのか?

 魔法説における創造主は、魔女フェザリーヌだ。
 そのフェザリーヌの人間界の姿が八城十八である。
 要するに、人間の創造主である八城十八の上層に魔女の創造主であるフェザリーヌがいるという主張しているのだ。
 人間の創造主では知りえぬことでも、魔女の創造主であれば知ることができるのだと。

 人間説の返しはこれまで同様、魔女の下にいるのはゲーム盤の駒で、人間は魔女の上にいるのだと。
 知りえないことは、事件の真相だとかヱリカの殺人だとかなどだけど、それらは前にも書いたと思うので省略。


スポンサーサイト



  1. 2015/06/14(日) 01:05:05|
  2. 創造主
  3. | trackback 0
  4. | comment 0
<<コミック版EP8 7~9巻辺りの考察 | BLOG TOP | 推理は可能か不可能か>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

フラット・ホームズ

Author:フラット・ホームズ
「うみねこのなく頃に」の某公式サイトで推理を投稿していた。
その時使っていた名前は察してください。
スタイルは、アンチミステリーをチェス盤で引っ繰り返す、というもの。
キコニアでは、世界を箱庭に見立て、そこにどんな駒を置いたのか、それらを動かして最終的にどういう形に持って行くのか、的な感じのを主にやっている。

現在時刻

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

咲 (3)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Designed by U-BOX