FC2ブログ

うみねこのなく頃に 考察 境界より視やる

PCゲーム「うみねこのなく頃に」の個人的な考察ブログ。「キコニアのなく頃に」についてもガッツリやっている。


【うみねこ】EP6 排水溝からの脱出

 今更気付いたんだけど、EP6のロジックエラーの密室での肉片に千切って排水溝からの脱出って、自身をパズルのピースとしてバラバラにして密室脱出ってことを暗喩してるじゃん。

 あれ当時、戦人を精神的に追い詰めるのみで大した意味のない描写だから、何でこの描写をわざわざ描いたのだろうと疑問に思ったものだったが……。
 大した意味があったわ。

 ロジックエラーの密室は、一人を脱出させるために一人が残るというもの。
 恋の決闘で一人しか人間になれないことを表している。
 “母”が残り、“子”を脱出させる。
 密室に残った“母”は、己が身をバラバラのピースに千切り自殺して脱出。
 いつか誰かがパズルのピースを組み立てて、自身を蘇らせてくれる奇跡を願って。

 これじゃん。
 奇跡に繋がるめっちゃ重要な描写じゃん。
 は~、ホントうみねこは細かいところまでに意味を含ませてて凄いよなぁ。
 そして浮き彫りになる昔の私のアホさ加減……。

 大ベルンカステル卿、ヒントを下さりありがとうございました。
 愚かな私は貴女が恵んでくださったご配慮に長い間気付けませんでした。
 お許しを。

 正しく奇跡の魔女の名に相応しい、奇跡のトリック。
 二人が共に密室を脱出する手段はこれしかない。
 起死回生の一手。
 一見自殺だが、それは命をチップとした賭け。
 正に狂気の沙汰。
 自身を分解して再構築って、テレポートじゃん。
 壁にぶつかり続けたらいつか壁をすり抜けることができる的な超低確率の奇跡だろ。

 自身の物語をバラバラにして、そのバラバラのカケラを拾い集めてもらって物語を再編してもらおうというのは、キコニアに繋がる話。


 しかしあれだな。
 「起死回生」「死中に活を求める」「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」とかの言葉が似合うな。
 この絶対諦めないという姿勢、本当尊敬する。



 あ、そうだ。
 ロジックエラーの密室脱出で、嘉音を生贄として密室に残してそのまま忘却してきた人たちは、自分が嘉音を殺したということを肝に銘じるように。
 嘉音がいない世界になったからと、その罪がなくなったわけじゃないのだから。
 嘉音がいない世界を選んだからこそ、その罪を覚えていないと。


スポンサーサイト



  1. 2020/07/25(土) 19:26:24|
  2. エピソード6
  3. | trackback 0
  4. | comment 0
<<【キコニア】ゲームをショートカット | BLOG TOP | 【キコニア】着飾った言葉、着飾らない言葉>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

フラット・ホームズ

Author:フラット・ホームズ
「うみねこのなく頃に」の某公式サイトで推理を投稿していた。
その時使っていた名前は察してください。
スタイルは、アンチミステリーをチェス盤で引っ繰り返す、というもの。
キコニアでは、世界を箱庭に見立て、そこにどんな駒を置いたのか、それらを動かして最終的にどういう形に持って行くのか、的な感じのを主にやっている。

現在時刻

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

咲 (3)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Designed by U-BOX