FC2ブログ

うみねこのなく頃に 考察 境界より視やる

PCゲーム「うみねこのなく頃に」の個人的な考察ブログ。「キコニアのなく頃に」についてもガッツリやっている。


【キコニア】忘却の深淵に眠る地獄/明けの明星が昇る

 本日二投目。


 忘却の深淵は、神の部屋の中に作られた忘れたい記憶を隔離する場所。
 隔離することで人格を保護するフィルターであり、永遠の時の中でいつか忘却するためのゴミ箱。
 〈次元斬〉で斬ったものの行く異次元がここ。
 さらにはディメンションコンテナの大本。
 コーシュカがディメンジョンコンテナが小さいのは、〈パンドラの箱〉の絶対記憶によって、忘れることが可能な一時記憶領域が少ないためだと思われる。


 神はその忘却の深淵に、自らの忘れたい記憶を封じているはずである。
 それは神にとっての地獄。
 即ち、神自身が体験した原初の地獄、脳工場。
 その地獄は、天井や壁、床などどいう概念さえない海の底に封じられている。
 地獄の窯が開く時、そこよりこの地獄が溢れ出す。
 それが終端において約束されている地獄。
 神の悪夢が現実となり、人類は脳を収穫される。
 そしてそれを積み上げて八百万の脳を作り、神が復活するのだ。

 それを回避するために生み出されたのが神の子であり、神の子が殺すようプログラムされた対象は神自身。
 神=ミャオは都雄の中にいるので会っていることにはならない。
 つまり、ミャオの体はどこかに存在しているということ。
 それが即ちジェストレス。

 神=世界。神=龍。世界=バビロン。
 バビロン即ち世界はこの世に溢れる全ての罪、人より別たれた穢れた魂、全ての苦しみ忘れたい記憶、即ち悪霊を一身に引き受けて燃やされる。

 獣と偽預言者が投げ込まれる“火と硫黄との池”は、脳工場で肉体が廃棄場所をイメージしたもの。
 神の見る地獄の光景だろう。
 即ち、地獄が封じられた忘却の深淵。
 龍もまたそこへ投げ込まれる運命にある。


 人類は地の底や海の底より霊素を汲み上げている。
 この霊とは深淵に封じられた神の記憶なのではないだろうか。
 つまり、地獄の窯より地獄そのものを汲み上げているのでは?
 これが地獄本体が現れるカウントダウン。

 ナオミの感情と記憶を消して処理速度を上げる能力は、この忘却の深淵由来のものなのだろう。
 つまり、忘却の深淵より隔離されていた感情と記憶が噴き出すことは、世界の処理速度を下げる結果となり、さまざまな天災に繋がっていると思われる。





 地獄の一部が漏れ出た時に、神の意識も忘却の深淵より出てこれたのではなかろうか。
 そして、神の子を産む役割を課された聖母フィーアに宿り、さらに神の子都雄の中に宿った。
 もしかしたら逆かもしれないが。
 神の子と共にフィーアの胎に宿り、そこよりフィーアをアバターとして動かしていたのかも。

 どちらにせよフィーアは神の意識に触れ、神に傾倒し、神の叡智の翻訳する趣味に目覚めたのだろう。
 マリオの星に尊厳を取り戻す仕事と、責務を果たした後の尊厳ある死を見て、フィーアは意味ありげに称賛した。
 それは自身の、神=世界の尊厳を取り戻す仕事と、その責務を果たした後の塵に戻れる尊厳を思ってだろう。

 神が完全なる姿を取り戻すには、バラバラとなった神の魂、即ち全人類の魂を神へと返さなくてはならない。
 それはもはや人の住めない世界だけど、それこそが自然な姿。

“それを聞き、数人がケタケタと笑いながら再び拍手を浴びせるが、意味がわかっているのかは怪しい。……それとも、意味を完璧に理解した上で、さらに3周くらい回ったうえでケタケタと笑っているのか。”

 神の尊厳を取り戻す、これが星の尊厳を取り戻すことを理解した上で、さらに3周回った解釈だろう。

「尊厳とは?」
「自らの運命を、自らに委ねることと、吾輩は考えるのでありますッ」

 神が自らの運命を人類に委ねていることが世界を歪ませている。
 人類は自らが豊かに繁栄するために、神=世界より搾取し、汚し、踏み付けてきた。
 挙句は地獄の窯を開こうとしている。

「自分の尻は自分で拭くのが、美学だったという訳ね」
“ここはそのようなものとは一切、無縁な場所だと思っていたけれど。”

 “ここ”とは世界を指す。
 世界には、自分の尻を神に拭かせる者たちしかいない。
 そうフィーアは思っていたのだろう。
 だからこそ、マリオを称賛した。

“……この完成は、マリオだけが望んだことではない、……ということか。
 …………………………。”

 これは、星の尊厳を取り戻す、あるいは神の尊厳を取り戻したいと無意識で願っている人類がそれなりにいることを示しているのか?
 だとするならば、やはり神が尊厳を取り戻す機運が高まっているのだろう。

 叡智の眩い金色の輝きで塵となったマリオは、叡智=神のカケラに自らを捧げたということだろうか?

“セシャトはゆっくりと、手に握りしめたそれを掲げる。
 指の間からは、暁の輝きにも似た光が、溢れ出していた………。”

 龍が暁の輝きを取り戻す。

 明けの明星はルシフェルを示す。
 彼は堕天使の長であり、サタンの別名でもある。
 そしてかつては天使の長であり、神の次の位にあった。
 またヨハネの黙示録では、イエスのことが「輝く明けの明星」と呼ばれている。

 神の子と龍は鏡写しの存在。
 その彼が暁の輝きを取り戻すことは、本来の天使の長に戻ることを指すだろう。

 つまりセシャトは、零落し堕天した神=ミャオが本来の姿、天上にて光をもたらす者、明けの明星としての姿を取り戻させようとしているのではなかろうか。
 神の復権、尊厳ある姿を取り戻させること。
 それがセシャトの目的なら、フィーアと同じだ。
 それぞれ天使側、悪魔側で、図らずも同じ目的で動いているのだろう。

 もし、セシャトの持つ暁の輝きの叡智が、マリオが使った叡智であるのなら、マリオの魂はその叡智を介して神へと帰ったのだろう。
 一番最初に神へと殉じた魂として。

 だから断じて神はひとりぼっちではない。
 神に闇を擦り付けるのが人であるならば、神に光を取り戻させるのも人であるのだ。


スポンサーサイト



  1. 2020/01/04(土) 20:01:29|
  2. 未分類
  3. | trackback 0
  4. | comment 0
<<【キコニア】超天才ジェイデン様 | BLOG TOP | 【キコニア】バビロン=世界=神>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

フラット・ホームズ

Author:フラット・ホームズ
「うみねこのなく頃に」の某公式サイトで推理を投稿していた。
その時使っていた名前は察してください。
スタイルは、アンチミステリーをチェス盤で引っ繰り返す、というもの。
キコニアでは、世界を箱庭に見立て、そこにどんな駒を置いたのか、それらを動かして最終的にどういう形に持って行くのか、的な感じのを主にやっている。

現在時刻

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

咲 (3)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Designed by U-BOX