FC2ブログ

うみねこのなく頃に 考察 境界より視やる

PCゲーム「うみねこのなく頃に」の個人的な考察ブログ。「キコニアのなく頃に」についてもガッツリやっている。


【キコニア】肉体と魂のどちらが人なのか

 ネタバレ解禁三連投の二投目。



 肉体を捨てて脳だけとなり仮想現実という天国に住まう人類。
 そう仮定して話を進める。

 その天国を作った思想は「魂こそが人であり、ゆえに肉体はいらない」というもの。
 人格=人ならば、同じ肉体を有しようと別人格は別の魂と言えるだろう。
 アバターという姿がどんなものであれ、重要なのは中の人格。
 ゆえに極論すれば、人間にとって体など不要。
 技術的に可能ならば、服を着替えるように肉体を変えることさえできるだろう。

 さて、そんな魂至上主義にとって楽園である仮想現実。
 現実を完全に再現したものであるならば、生命の誕生や成長も再現できることだろう。
 両親の遺伝子データがあり、受精卵になるまでのシミュレーションが可能なら、妊娠も再現可能。
 受精卵が胎児に、赤ちゃんに、そして青年に。
 そのシミュレーションも無論可能。
 遺伝子と成長がシミュレートできるなら、そこでできた脳の構造から脳の活動もシミュレートできる。
 であるなら、周囲の環境からどんな人格になるかのシミュレートも可能だろう。

 要するにだ。
 生命誕生が再現可能ならば、仮想現実内で人間を生み出すことは可能だろうということ。
 現実の人類ではない、仮想現実内で生まれた新人類というわけだ。

 では、現実に肉体が存在しない、仮想現実内にのみ存在するその人間もどきを、人であると認められるのか?
 魂=人であるのなら、人が産み育て、人の社会で作られたその人格は、人と言えるのではないか。
 肉体がないから人ではない? ナンセンス。
 人格が人であるなら、プログラムだろうとそれは人だろう。

 それを否定してしまえば、仮想現実上に存在するお前は何なんだよってことになるからな。
 お前は記憶を消して仮想現実を現実だと信じ、仮想現実上の自分を人間だと信じているようだけど、それアバターだから。
 世界全部偽物だから。
 その偽物の環境で作られたお前の人格も偽物だから。
 本物のお前は脳のみじゃん。
 他の人たちも脳のみで、それ以外のことは全部偽物。


 でもま、そんなわけないよな。
 たとえ偽物の世界だろうと、魂の交流は嘘じゃない。
 そこで培われた絆は本物だから。
 と私は思う。


 で、次は肉体=人の場合。
 これが全てだと言うならば、脳に別人格を書き込んでも問題はないわな。
 それで別人のようになっても、肉体が同じなんだから同一人物に間違いなし。
 魂なんて人じゃないんだから。


 ま、これらは全部極論。
 思考実験なら極論を展開してなんぼというイメージ。
 実際に、肉体だけが人である、魂だけが人である、なんていう人なんていないだろうし。
 普通両方揃って人だわな。
 じゃ、プログラムの人格をまっさらな肉体に書き込んだなら、肉体と魂が揃った人であるってことで良いんじゃね?
 ってのが私の意見。

 もはや私の中でキコニアは、人を産む話、または人が産まれる話で固定されてきてしまってるな。


スポンサーサイト



  1. 2019/11/09(土) 21:26:28|
  2. Phase1
  3. | trackback 0
  4. | comment 0
<<【キコニア】ヨハネの黙示録について | BLOG TOP | 【キコニア】セシャトの正体について 後リリャについて>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

フラット・ホームズ

Author:フラット・ホームズ
「うみねこのなく頃に」の某公式サイトで推理を投稿していた。
その時使っていた名前は察してください。
スタイルは、アンチミステリーをチェス盤で引っ繰り返す、というもの。
キコニアでは、世界を箱庭に見立て、そこにどんな駒を置いたのか、それらを動かして最終的にどういう形に持って行くのか、的な感じのを主にやっている。

現在時刻

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

咲 (3)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Designed by U-BOX