FC2ブログ

うみねこのなく頃に 考察 境界より視やる

PCゲーム「うみねこのなく頃に」の個人的な考察ブログ。「キコニアのなく頃に」についてもガッツリやっている。


【キコニア】フラグメントから見える敵プレイヤーの考え

 三連投の一投目。

 ゲームを通して敵プレイヤーが何を言いたいのか、何を考えているのか、そういうメッセージを受け取ることが重要であると考える。
 そんなわけで作中にどんな敵プレイヤーのメッセージがあったのか、私が見つけたものを簡単に上げてみたい。
 とは言え、本編のを抜き出してくるのは面倒臭いのでフラグメントのだけで済ませたい。

 以下、ネタバレ注意。























1、仮想体験発表会
 全人類がA3Wという世界を仮想体験している可能性。

2、セルコンについて
 肉体を放置してアバターとして別の場所で活動できる。
 
3、小此木クソコラグランプリ
 全てのものに神は宿り、世界は神で満ちている。むしろ神こそが世界では?
 あるいは、脳は現実の肉体、体はアバターという暗示か。

4、グレイブモウル訓練中
 狙撃の話。
 推理の仕方の喩えとして解釈することもできる。
 竜騎士さんそういう喩え好きだから。
 経験と慣れで簡素化できるが、よく考えて予測して撃てということだろう。

5、リジェクションシールドについて
 経験によって効率化し、ピンポイントにかつ省エネで実現できるようになる。
 推理・考察にもこれは言える。
 そして敵プレイヤーは、そのシールドを破るために飽和攻撃を仕掛けるのが戦術であると。
 要は、今回のゲームでは情報の飽和を狙っているということだろう。

6、臭い料理対決!
 中にいる者にとって天国でも、外の者にとっては地獄であることもある。
 逆に、外の者にとって地獄だろうと、中にいる者にとってそれは天国なのだ。
 そして本編の文化論と合わせれば、外の者が決めるのではなく、中にいるものが変化するか決めなくてはならないものである。

 他には、人類を密閉して保存する、という見方もできる。
 肉体から解放されて魂だけで仮想現実の中で生きる、とはそういうことだろう。
 天国の中で人類を永遠に保存する。
 しかし、人類は永遠に耐えられるのか。
 シュールストレミングスが密閉しても缶の中で発行し続けるように、人類も腐敗するのではないか。
 ならば、閉じ込めている時間が長くなればなるほどに、ひどい結末になるのではなかろうか。

7、コーシュカのわにゃドラ奮闘記
 コーシュカが無限ループしている可能性。
 他には、一つ上の人類の保存を合わせれば、永遠に輪廻を抜け出せないことを示しているのかもしれない。
 一巡する度に負債が膨れ上がるというのも、実にシュールストレミング的な発酵を思わせる。

8、お小言禁断症状?
 いないのにそこにいるかのように感じる。
 それが絆によって作られる命の形なのか?

9、地震復興クジ
 これはうみねこでのルーレットと同じようなものなのか。
 地震クジ独自のものとしては、地震が起こる場所を当てるのではなく、その場所を外す。
 いくつでも場所を選べて、場所を広げた分配当もでかくなる。
 そして、世界すべてを塗り潰すことを推奨する。
 これをゲームに当て嵌めると、敵プレイヤーがいない場所を当てる賭けってことかな。
 いない場所を当て、それを広げるほどに配当が良くなり、世界の全ての場所を塗り潰すこともOK。

10、対戦ゲームはマナーよく!
 アバターの向こう側に本当の人間がいる。
 全てが仮想現実であるならば、その向こう側に現実の人間がいることになる。

11、グレイブモウル訓練中2
 評価基準変更の話。
 要はゲームチェンジ後は評価が激変するということ。
 つまり、ゲームチェンジ後は三人の王や神なども評価が変わることだろう。

12、兄弟の日
 住む区画毎に情報にフィルターがかかっているという話。
 中の住人には知ることのできない情報がある。
 これは“外”の存在を示唆している。
 何の外かは、まあ世界の外なのだろうなと。

 中に閉じこもっていては正しい情報は知れない。
 外に出れば出るほど目は啓けていく。
 要はゲーム盤の外に出ましょうってこと。
 でも、中にいるほど知らないほどに幸福で天国で、外に出るほど知るほどに絶望的で地獄である。

13、キコニアのなかない国
 親は何を思って子供を産み育て、そして自らの叶わぬ夢を託すのか。
 要するに、滅びることが決定している人類がなぜ子供を産むのかという話に変換できる。
 人類が親より受け継ぐ負の連鎖。
 それを断ち切った、子供を産まない世界。
 それは生命として正しいのだろうか?

14、ギュンヒルドと都雄
 生存競争に勝ち残れる者と零れ落ちる者。
 生きることに向かないなら別の道を。
 でもできれば生きることを諦めないで。
 生きることを諦めないことが生命の条件であるならば、諦めることは死ぬことであり、肉体から解放され脳だけになるのは生きることを諦めることで生命とは言えないのかもしれない。

15、グスタフソン員数外少将
 生き残るためには何をしても良いのか。
 生きるということの罪。
 人類は滅びるべきなのか。
 また、何を滅ぼすべきなのか。

16、聖イオアンニスの黙示録
 神が人類にする手加減。
 そこから何を受け取るのか。


 と、まあこんな感じかな。
 フラグメントだけでも色々と考えられて良いよね。


スポンサーサイト



  1. 2019/11/02(土) 19:50:56|
  2. 未分類
  3. | trackback 0
  4. | comment 0
<<【キコニア】キングという駒について | BLOG TOP | 【キコニア】駒がプレイヤーに対してできること>>

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

フラット・ホームズ

Author:フラット・ホームズ
「うみねこのなく頃に」の某公式サイトで推理を投稿していた。
その時使っていた名前は察してください。
スタイルは、アンチミステリーをチェス盤で引っ繰り返す、というもの。
キコニアでは、世界を箱庭に見立て、そこにどんな駒を置いたのか、それらを動かして最終的にどういう形に持って行くのか、的な感じのを主にやっている。

現在時刻

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

咲 (3)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Designed by U-BOX