FC2ブログ

うみねこのなく頃に 考察 境界より視やる

PCゲーム「うみねこのなく頃に」の個人的な考察ブログ。「キコニアのなく頃に」についてもガッツリやっている。


はじめに

 某公式サイトにて別名で投稿していた推理を簡潔にまとめてみようと思い立って早3年。
 というかもう3年経つので、そろそろどうにかしようと開設してみた次第。
 とりあえずは、ぼちぼちとまとめてみようと思う。



 まず始めは「何」を推理するのか、からやりますか。


 「うみねこ」で一番使われたフレーズと言えば『愛』。
 ベアトリーチェによれば、それは世界を構成する一なる元素だと言う。

 だがしかし、世界は愛がなくとも存在する。
 客観的な真実は、『愛』の有無には左右されない。
 しからば、ベアトリーチェの言う『愛』によって構成された世界とは主観的なものということになる。

 そんなわけで、推理すべきは事件の「客観的な真実」ではなく、犯人の「主観的な真実」と考える。

 そして、『殺人』は『殺意』によって起こる。
 『原因』より出で『過程』を経て『結果』に至る。
 どんな『目的』で世界を作ったのか。
 それが重要だと考える。

 故に、ベアトリーチェの『愛』によって構成された『ゲーム盤』。
 それを使った『ゲームの目的』や『思惑』を推理したいと思う。


スポンサーサイト



  1. 2013/12/15(日) 23:35:46|
  2. 未分類
  3. | trackback 0
  4. | comment 0
<<ゲームの勝利条件 | BLOG TOP |

comment


  管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

プロフィール

フラット・ホームズ

Author:フラット・ホームズ
「うみねこのなく頃に」の某公式サイトで推理を投稿していた。
その時使っていた名前は察してください。
スタイルは、アンチミステリーをチェス盤で引っ繰り返す、というもの。
キコニアでは、世界を箱庭に見立て、そこにどんな駒を置いたのか、それらを動かして最終的にどういう形に持って行くのか、的な感じのを主にやっている。

現在時刻

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

咲 (3)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Designed by U-BOX