FC2ブログ

うみねこのなく頃に 考察 境界より視やる

PCゲーム「うみねこのなく頃に」の個人的な考察ブログ。「キコニアのなく頃に」についてもガッツリやっている。


究極にして一なる原始のトリック

 私の解釈するアンチミステリー、並び立つ真実についてからすると、ラムダが語ったベアトの魔法大系の核である「究極にして一なる原始のトリック」の「原始のトリック」とは、「偽りの真実を信じさせようとする」ことだと考えることができる。

 ミステリーにおける犯人は、自身の犯行を誤魔化すために「自分には犯行は不可能である」と信じさせようとする。
 または、さらに一歩踏み込んで、「別人が犯人である。故に自分は犯人ではない」と信じさせようとする。
 そのために犯人はトリックを使用する。
 つまり、「偽りの真実を信じさせようとする」のだ。

 「魔法」を信じさせるのが「魔女」であるというのなら、「魔女」が信じさせようとするものが「魔法」だ。
 即ち、「偽りの真実」が「魔法」なのだ。
 

 真犯人は真実に至ることを「奇跡」と定義し、そのために「偽りの真実を信じさせる」ことを「絶対の意思」で生み出そうとした。
 「絶対」のトリック。
 つまり、「究極のトリック」だ。


 ヱリカ曰く、ミステリーで暴くべき謎は3つある。
 フーダニット。誰が犯人か。
 ハウダニット。どうやって犯行したか。
 ホワイダニット。どうして犯行に及んだか。

 「偽りの犯人」「偽りの犯行」「偽りの動機」を揃えれば、「偽りの真実」によって「本当の真実」を完璧に覆い隠すことができる。
 その3つを兼ね備えたものを核として話を膨らませた「偽りの物語」。
 「偽りの物語」も愛(推理)されれば真実と成る。

 「偽りの物語」が愛されるとは、「偽りの犯人」が愛されることであり、「偽りの犯行」が愛されることであり、「偽りの動機」が愛されることである。
 それは即ち存在しない人間が、存在する人間と同格に扱われるということ。
 即ち、「一人分の魂を持った人間」に成ることを意味する。

 そんな「人間」を生み出すと言うことは、偽りの犯人の経歴、動機に至った思いの変遷を生み出さなければならない。
 生きてきた歴史があり、感情があり、心がある。
 その結果の犯行がある。
 そういう「一人の人間の物語」を生み出さなければならない。

 そして、読者に愛がなければ視えないのであれば、作者には愛がなければ作れない。
 だから、己が生み出した駒であるベアトを一人の人間として愛したことだろう。
 まぁ、娘のようなものだな。
 その娘を人に愛されるように、絶対の意志でトリックを生み出したことだろう。



 完璧なトリックとは即ち、否定されないトリックだ。
 否定できないが故に真実に取って代われる。
 そのためにもその「物語」、トリックは「可能」でなければならない。
 「偽りの犯人」に「可能な犯行」でなければ信じてもらえない。
 勿論、真犯人にも「可能な犯行」でなければならないのは言うまでもないだろう。

 この時、2つの「可能」が並び立つ。
 並び立つが故に互いを否定できず、どちらかを信じる者が現れた時のみ互いが互いの「物語」を殺しえる。
 赤き真実に並び立つ黄金の真実。
 それこそが「究極にして一なる原始のトリック」だ。

 逆を言えば、並び立つ状況でしか究極足り得ないのだ。


 通常のミステリーでは真実は解き明かされるのが普通である。
 それはある意味、その物語が真犯人の物語であるからと言えるだろう。
 真犯人の物語であるが故に、トリックである偽りの物語が殺され、真実である真犯人の物語が明かされる。
 そういうことではないだろうか。

 それに対し「うみねこ」は、真犯人が生み出した偽りの犯人である「ベアトの物語」だ。
 普通なら犯人は自身の犯行を誤魔化すためにトリックを用いる。
 しかし「うみねこ」の犯人は、「偽りの真実」を「一人分の魂を持つ人間の物語」にすることを目的にしている。
 手段と目的が入れ替わってしまっているのだ。


 殺されるべき「偽りの犯人」を、愛されるべき「一人の人間」として生み出そうとしてしまった。
 孤独から開放されるために理解できる者を望んだ。
 しかし、その孤独の時を共に過ごし、退屈を癒してくれたのは自らが生み出したベアトリーチェだけだった。

 結ばれるべきは、己か、己が愛した黄金の魔女なのか。
 作者である己が決めてしまえば、片方は必ず死ぬ。
 しかし、真実が並び立てばどちらの可能性も残すことが出来る。

 故に後は読者に運命を委ねることにしたのだろう。
 生かすも殺すも読者次第。
 どちらを愛しても構わない。愛した者を大切にしてくれるのなら。
 だから作中では真実が明かされることなく終わったのではないかと思う。





 聞きかじりで申し訳ないが、人の心理の傾向としてこんな話がある。

 他人に構ってもらえない子供が、悪戯をして構ってもらおうとすることがある。
 価値がないと扱われた子供は、自身に価値を見出すことができず、自身を蔑ろにすることがある。
 愛されなかった子供は、自分が与えられなかった分、自分の子供に愛情を注ごうとしたがる。

 その話が思いっきり当て嵌まってしまう。

 自分のことを知って欲しくて、考えて欲しくて悪戯を仕掛けた。
 他人にとって考える価値すらない自分を、価値のないもの無意味なものとして扱い、自分の命すら蔑ろにした。
 愛されなかった自分の代わりに、娘同然のベアトに愛情を注いだ。

 ベアトを生み出した者がどれほどベアトを愛していたのか、一つ前の記事を読んでもらえれば想像できると思う。

 愛されるべきは、価値のない自分か、それとも自分が愛情を注いだベアトなのか。
 そんな自問自答を長い間続けていたのではないか。
 そして、戦人が1986年に六軒島に帰ってくることが決まった時、その選択を自分以外の者に委ねたのだろう。





 ま、簡単に言えば、真里亞に対して「真里亞とさくたろうのどちらかしか生き残れないけど、どっちを選ぶ?」と聞くようなもの。
 選べないからルーレットに任せるしかないよねって。

 トリックも究極に至れば魂が宿るというお話。


スポンサーサイト



  1. 2014/09/06(土) 23:30:01|
  2. アンチミステリー
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

魔女を殺す毒

 魔女を殺す毒は、退屈。
 魔女の死は、思考停止。
 退屈による思考停止を魔女は怖れる。
 だから魔女は、思考することで退屈を逃れようとする。

 謎を見つけては、解き明かす。
 そして、無知から既知へ移行。
 無知ゆえに思考・想像の余地があったものが、知れば知るほどに余地がなくなり、既知となれば余地はなくなり真実のみがそこを埋めている。
 それが退屈による死だ。

 それから逃れるために魔女は、次から次に謎を見つけては解くことを繰り返す。


 人は謎である、ゆえに自身の謎を解いて欲しいとベアトは願った。
 引っ繰り返せば、ベアトにとっても「人」とは解くべき謎だったということになる。
 だから、退屈から逃れるために、「人」という謎を解かずにはいられなかったことだろう。

 だが六軒島は狭く、訪れる者は少ない
 六軒島しか領土を持たないベアトは、すぐに知り尽くしてしまったことだろう。
 そして、退屈を逃れるために次なる未知を探す。


 人を知り、人の過去を知る。
 なら次は「未来」だ。
 既知である「人」を元に、その人がするであろう行動、未来の可能性を予測する。
 「人」を知れば知るほどに、想像できる可能性の余地はなくなり、想定内に収まっていく。

 さらに、起こり得る偶然を想定すれば、その偶然の数だけの「未来」を想定できる。
 人の可能性が無限なら、未来も無限にある。
 だから無限に思考することが出来るだろう。

 でも「未来」は有限だ。
 人は容易に思考停止する。

 「人」の思考は有限。
 故に思考停止した「人」の可能性も有限。
 よって思考停止した「人」たちが織り成す「未来」も有限。
 「人」の思考が変わらない限りそれは変わらない。
 ああ、何故「人」は思考しないのか。

 有限の「未来」の全てを貪り尽くせば、遂には「全知」に至る。
 それはもはや未知には出会えないということ。
 どこにも希望を抱く余地がない、即ち、絶望。

 六軒島という狭い領地限定の「全知」。
 六軒島ではこの先、既に知っていることしか起こらない。
 六軒島から出られないベアトにとって、もはや六軒島は地獄だ。

 第8のゲームで縁寿が閉じ込められた密室の謎で、求める真実を与えられずに飢えて死ぬと喩えられたように。
 六軒島という密室の中で、ベアトは求める未知を得られずに渇いて死ぬ。


 もはや真実を知るというアプローチは限界に達した。
 真実が一つであるのなら、それ以外に知り得る真実などないのだ。

 ……なら、真実が複数あれば良い。

 結果を伴う過程の修飾。
 絶対の真実を使って、その上に偽りの幻想を飾り立てる。
 赤き真実しかない世界を拡張する、黄金の真実の発見。
 退屈による死を待つしかなかった魔女にとって、それは画期的な遊びだったことだろう。
 だから夢中になった。


 無知ゆえの想像。
 それはゼロから一を生み出す真里亞の魔法。

 既知ゆえの想像。
 それは一から無限を生み出すベアトの魔法。

 この2つは似て非なる魔法だ。
 ベアトはミステリー・アンチミステリー・ファンタジーのハイブリットの魔法を生み出すが、真里亞はファンタジー特化の魔法しか生み出さない。

 ハイブリットとは言え、ベアトはミステリー・アンチミステリーに偏重している。
 その点からすれば、ファンタジー特化の真里亞の魔法に感銘を受けたのは確かだろう。
 だkら真里亞の魔法を「知り」、それを1としてファンタジーの物語を無限に生み出した。

 しかし、ベアトの魔法の核は絶対の真実。
 真実を直視しないことで魔法を生み出している真里亞では、ベアトの理解者足り得ない。
 真里亞とでは、真里亞の生み出したファンタジーを共有して発展させることはできても、ミステリーとアンチミステリーを共有して発展させることができなかった。

 無限の魔法と黄金の魔法を組み合わせた魔法は、想像力の限り無限に真実を生み出すことができる。
 だけど一人では想像力に限界がある。
 一人で生み出した宇宙には発展性がないのだ。

 だからベアトは、魔法を共有する理解者を欲した。
 真実を知るために思考を続ける者。
 さらに、真実を知ってもなお思考を続ける者を。
 理解者が紡ぐ、未知の世界を。



 そして、人の心こそが解くべき謎であると考える戦人が現れた。
 その戦人に希望を見出したことで、ベアトは未知の存在しない六軒島という密室の中で待つことになる。
 死に等しい退屈の中で6年も。

 六軒島の全てが既知であるので、島で未知を発見できるのは奇跡と言える。
 だからベアトにとっての選択肢は2つだ。

 自らを殺す密室の中で奇跡が起こることを待つか、それとも未知が待つ密室の外に出るか。
 前者が猫箱に残ったベアトで、後者が猫箱の外に出た八城。


 ベアトは六軒島に残って無限の惨劇を生み出す。
 全知には含まれない未知の奇跡を探すために。
 既知の未来なんていらない。だから命もいらない。
 奇跡だけが残れば良い。

 未知の出来事が起こるのではないか、という甘えた希望を抱いている限り、死を選べない。
 だから、死ぬために希望を殺す。
 既知であることを確かめつつ、未練である「人」たちを殺すことで甘えを断ち、真に絶望であることを受け入れれば死ねる。

 もしも奇跡が起こり、未知に出会えたなら……。
 たぶん、おそらく、未知が未知である間に、未知に再び出会えたことに満足して死ぬ。
 生き残ったとしても、それはもはやベアトではない別の誰かであることだろう。


 八城は六軒島を出て、死んだベアトための物語を書く。
 理解者を探し出すために。
 そして第8のゲームで縁寿に選択を委ねた。

 知らぬままで希望を残すのか。
 あるいは、知って絶望するのか。
 もしくは、知ってもなお希望を抱けるのか。

 既知で埋まった世界を拡張する黄金の魔法を共有できるのかを。





 本一冊のみしかない密室に人一人を閉じ込めて19年間放っておくとどうなるのかっていうお話。

 今回のはかなり前の記事で書いた動機についての補完的なもの。
 前のが知られることのない苦しみを軸にしたものなら、今回のは知ることによる苦しみを軸としたものになっている。





 真実に意味はない。
 なら、幻想には意味があるかもしれない。

 真実には夢や希望の余地などない。
 夢や希望がなくては生きていく意味がない。

 未知があるから人は希望を抱き生きていける。
 ベアトはその未知を、相手の思考に求めた。

 思考し続けていれば、やがて新たな境地に至る。
 これまでの思考が既知であるなら、新しい思考こそが未知だ。
 未知に触れることで、ベアトはまた新たな思考をすることができる。


 我思う故に我あり、ではなく、我考える故に我あり、と言ったところか。
 なら続きは、汝考える故に汝あり。
 思考停止は死と見なす価値観。
 死んでいるなら、殺す。自分も、それ以外の人間も。


  1. 2014/09/06(土) 19:05:44|
  2. アンチミステリー
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

フラット・ホームズ

Author:フラット・ホームズ
「うみねこのなく頃に」の某公式サイトで推理を投稿していた。
その時使っていた名前は察してください。
スタイルは、アンチミステリーをチェス盤で引っ繰り返す、というもの。
キコニアでは、世界を箱庭に見立て、そこにどんな駒を置いたのか、それらを動かして最終的にどういう形に持って行くのか、的な感じのを主にやっている。

現在時刻

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

咲 (3)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Designed by U-BOX