FC2ブログ

うみねこのなく頃に 考察 境界より視やる

PCゲーム「うみねこのなく頃に」の個人的な考察ブログ。「キコニアのなく頃に」についてもガッツリやっている。


幾子と十八

 縁寿が六軒島に向かい一人生き延びたというのが現実なので、その過程を修飾したものを描いたep4は、幾子が縁寿を拾った後に執筆されたと思われる。
 つまり、その前に幾子はep3を公表していたことになる。

 そのep3は絵羽も生前に見たことだろう。
 自身が生き延びるという、一見現実の状況に一致しているように思わせようとする物語なのだから。
 そして、その物語の中にありえないものを見ることになった。

『07151129』

 その数字を知る者は、遺族に送られた手紙を読んだ者。要は遺族。
 しかし遺族なら、家族の死を弄ぶような物語を書くことなどできないだろう。
 なら残るは、隠されていた秘密の部屋にてベアトリーチェからあの数字を教えられた時にその場にいた面々のみ。

 つまり、自身は生きているというメッセージの代わりだったということ。
 少なくとも、そう疑わせるには十分なものだったことだろう。

 絵羽は、ep3を書いた偽書作家伊藤幾九郎が八城十八であることを突き止め、そして八城にあった瞬間わかったことだろう。
 親族の誰でもない八城は、あの時に出会ったベアトリーチェその人であることに。

 誰も殺していないベアトのことは恨んでいなかったことだろう。
 いや、あるいは事件のきっかけを作ったという意味では恨んでいたかもしれないが、だからどうこうしようという気はなかったのではないかと思う。
 それどころかもしかしたら、事件の秘密を共有する唯一の人物として、ある意味信頼していた部分があったのではないか。

 だからこそ幾子は、絵羽が書いた『一なる真実の書』を所持していたのではないだろうか。
 真実を求める縁寿のために、自身が死んだ後のことを絵羽は幾子に頼んだのではないか。
 そのために『一なる真実の書』とそれを開ける鍵を託したのではないか。


 一応、傍証として『一なる真実の書』とその鍵が一緒にあることをあげよう。
 誰にも見せたくなければ、本と鍵は一緒にするはずがない。
 本だけが人手に渡ったのであれば、セットになる鍵がどれなのかなど判別は不可能だ。
 試しに鍵を開けてみればいいが、それは不可能。

一なる真実の書を、封印が解けて一番最初に読むのはあなた、縁寿よ。

 縁寿以外の人物が鍵を開けて確かめることはないと、絶対の意志で保証している。
 確かめることもせずに、その鍵が『一なる真実の書』の鍵であると知ることができるのは、絵羽から直接そのことを教えられた者しかいない。



 『一なる真実の書』を読み、縁寿は苦しんだと思うが、なんやかんやあって、真相に辿り着いたと思われる。

 ベアトは、真実に辿り着くことを妨害するために絶対の意志で『黄金の真実』を修飾していた。
 だからこそ、その絶対の意志を破って真実に辿り着いたことは『奇跡』。

 奇跡を待つのが、奇跡の魔女たるベルンカステル。
 フェザリーヌは、己が巫女たるベルンにその役割を課した。
 さらには、フェザリーヌは縁寿に巫女の役割を課した。
 結果から見ると、その役割は奇跡を待つことではなく、奇跡を起こすこと。

 縁寿は奇跡を起こすことができることを証明した。
 そして、幾子は『奇跡』を願う魔法が、成就することを知った。
 未知ならばそれは猫箱だが、既知となれば別だ。

 猫箱の中には、奇跡が起こる結果と起こらない結果が同時に存在していた。
 奇跡を起こす戦人と、そうじゃない方。
 魂が一人分に満たないから彼は家具に過ぎない。
 故に、奇跡のカケラを生み出すには、魂を一人分に満たさなくてはならない。
 つまりこれは、ベアトと戦人が結ばれるための恋の決闘。

 奇跡が起これば、半信半疑から、確信に至る。
 不安などが混ざらない絶対の意志に。
 自身に魔法を信じさせることが一番難しいのだ。

 だから、自身に魔法を信じさせてくれる別の魔女の存在を必要としていた。
 世界を生み出す最低人数は二人。
 奇跡のカケラを紡ぎ出すために、片翼を探すためのゲームでもあったのかもしれない。

 そして二人はベアトのゲーム盤より奇跡のカケラを紡ぎ出した。
 無限の魔法で、戦人が死んでいない並行世界の可能性を創造。
 黄金の魔法で、自分たちの現在の状況が入った猫箱の中の過程を修飾。
 二人の願いをどちらも叶えた奇跡のカケラを以って、ベアトリーチェへのメッセージに代えた。

 ――ベアトリーチェから託された願いを叶え、結果、私はもうひとつの片翼を手に入れた。
 だから貴女の方ももうひとつの片翼を手に入れ、空を飛んでいることだろう。
 私が託した願いはきっと叶ったのだろう。
 そういう未来がありえた。それだけで救いになるのだ。
 だから、私はもう振り返らない――



 ……そう私は解釈した。


スポンサーサイト



  1. 2014/01/11(土) 21:56:29|
  2. 1998年の猫箱
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

八城と縁寿

 前回でベアトリーチェを殺した人物を特定したので、ここからは「1998年」の話に移ろうと思う。


 ベアトリーチェを殺して猫箱と化した六軒島から抜け出したのは八城幾子。
 目的は、自身が殺したベアトリーチェのために物語を書くこと。
 ベアトリーチェの起こす事件の謎を解ける者を探し出すこと。
 ベアトリーチェと同一人物なので、ベアトのゲームの真実を知っているが故に赤き真実を書き記すことができる。
 赤き真実の絶対性は、ベアトの絶対の意志によるもの。
 そして、そのベアトの意志を穢すことができない、幾子の意志によるもの。

 それらを前提に1998年に修飾された過程を暴く。


 以前、『魔法』と『手品』の選択で、『魔法』を選んだ。
 故に、その後は黄金の真実で飾られていると解釈した。

 どこまでが修飾されたのかと言えば、最後の一文『この物語を、最愛の魔女ベアトリーチェに捧ぐ』の直前までだ。
 最後の一文が結果として確定している部分。
 前提どおり、ベアトが死んでいて幾子が物語を書いているということ。
 さらには、縁寿が『魔法』を選んだ故の結末なのでそれもまた。

 つまり、その「物語」は幾子と縁寿の2人によって紡がれたものであると言える。
 よって、幾子と縁寿が出会うというのが結果。

 「出会う」という結果に至る過程が修飾されているので、そこを考察する。


 まずは、十八こと戦人が存在するかどうか。
 未来に戦人が存在するのならば、ベアトの叶えたかった奇跡が叶い、縁寿の叶えたかった奇跡も叶っていることになる。

 そうなると、ベアトの代わりに物語を書いて、真相に辿り着くと者を探すという奇跡を求める魔女の存在を否定することになる。

 その魔女がこの物語を生み出したとするのが私の推理の根幹なので、それを認めることはできない。
 奇跡がまだ起きていないからこそ、奇跡を求めて物語を書いているはずだ。
 よってこの解釈では、戦人(の肉体)が生きているというものは、修飾された幻想である。


 他に描かれた過程は全て六軒島に向かったもの。
 その中で「出会い」があったのは、第6のゲームにおいて。
 縁寿が六軒島に向かう前に幾子と出会うことができている。

 だが、その縁寿が幾子と共に、戦人が生きているという奇跡を修飾した物語を作っておきながら、その後六軒島に向かうとは思えない。
 奇跡を起こすということは、本当の真実に至ったということと同義だ。
 幾子がそれを認めなければ、その物語を描くことはないだろう。

 よって、第6のゲームの出会いも修飾された幻想。
 作中で縁寿が感じたようにそれは『ありえない記憶』。
 縁寿と「出会った」幾子が、縁寿に見せた物語。
 そういう可能性もあったのだと示したのだ。

 そしてそれは、幾子がep6を公表する前に縁寿と「出会って」いたということだ。
 もっと言えば、縁寿に「出会って」からep6を執筆したということ。
 他にも、六軒島に向かう前に会っていないなら、六軒島に向かった後に「出会った」ということでもある。


 残りの過程は2つ。どちらも六軒島に向かっている。
 ep4の六軒島についたものと、『手品』の直前で止めたもの。
 どちらも世間では縁寿が「行方不明」になっていることだろう。
 つまり、この「行方不明」も決定した結果と言えるだろう。
 『魔法』の未来も、ep6もどちらも「行方不明」であることに違いはないからだ。

 ならば、縁寿以外の人物もまた同じ結果でなければならないだろう。
 『手品』では天草と川畑船長が。
 ep4では霞とその手下が。
 共に「行方不明」。

 『手品』では霞たちが「行方不明」になる手掛かりが存在しない。
 よって、ep4こそが現実に起こったことであると考える。


 そのようなわけで、縁寿と幾子がであったのは、六軒島で霞とその手下、天草と川畑船長が死亡した後の出来事であると考える。
 命を狙われている縁寿は、自身が行方不明のままにするために、そして素性を隠すために記憶喪失のふりをした。
 幾子は縁寿だと判っていてそのふりに乗った。

 要するに、縁寿は十八である。
 十八が戦人というのは、それを覆い隠すための修飾。


  1. 2014/01/04(土) 23:26:52|
  2. 1998年の猫箱
  3. | trackback 0
  4. | comment 0

NEW ENTRY | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

フラット・ホームズ

Author:フラット・ホームズ
「うみねこのなく頃に」の某公式サイトで推理を投稿していた。
その時使っていた名前は察してください。
スタイルは、アンチミステリーをチェス盤で引っ繰り返す、というもの。
キコニアでは、世界を箱庭に見立て、そこにどんな駒を置いたのか、それらを動かして最終的にどういう形に持って行くのか、的な感じのを主にやっている。

現在時刻

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

咲 (3)

来訪者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Designed by U-BOX